レクサスオーナーズ自動車保険とは?保険料は高い?どんな特典/特徴があるの?

0
1372
レクサスオーナーズ自動車保険とは?保険料は高い?どんな特典/特徴があるの?

先日 Lexus NX を購入しましたよっしーでございます。

さてさて、初めてレクサス車を買う時に気になるのが、やはりレクサスオーナーのみが加入できる「レクサスオーナーズ自動車保険」ではないでしょうか。今までは事故をした時の対応を考えて、購入したカーディーラーで自動車保険に入るようにしていましたが、レクサスの自動車保険という事で随分高そうなイメージがあって最初は入ることを躊躇していました。しかしながら、担当さんとじっくり保険の内容を打ち合わせしてプランを試行錯誤した結果、現在加入している東京海上日動の自動車保険と比べてもそれほど大差の無い価格でプランを作成することが出来ました。

という事で、本日は「レクサスオーナーズ自動車保険」の特徴/特典と、実際に管理人が契約した自動車保険内容、および“東京海上日動の自動車保険”プランと“レクサスオーナーズ自動車保険”の実際のプランの内容を見積書にて提示して、保険料の違いなどもご紹介してみたいと思います。

これからレクサス車の購入をご検討の方は、ぜひこの「レクサスオーナーズ自動車保険」も併せて検討してみてくださいね!

レクサスオーナーズ自動車保険とは?

レクサスオーナーズ自動車保険とは? レクサスオーナーズ自動車保険とは?

※クリックで拡大します。

「レクサスオーナーズ自動車保険」とは、その名の通り、レクサスオーナーのみが入ることが出来るレクサス車専用の保険です。全体的に保証が手厚く、高品質なサービスが用意されているのが特徴です。

特に新車購入後3年間は、大きな事故(50%以上の損傷が発生)の際には同一のレクサス車が新車で提供されたり、レンタカーは当然のことながらレクサス車であったり、その他もろもろ至れり尽くせりな内容になっています。

また「レクサスオーナーズ自動車保険」を契約しておくと、事故にあった際、レクサス車に設置されている「ヘルプネットボタン」を押してヘルプネットセンターに連絡をとり、ここで「レクサスオーナーズ自動車保険」に入っていることを伝えるだけで、別途保険会社への連絡/連携もしてくれるそうです。もちろん事故にあわないのが一番良いのですが、もしもの際にもわざわざ保険会社へ連絡しなくて良いのは、緊急時の気が動転している際には心強いかと思います。

レクサス NX ヘルプネットボタン

 

レクサスオーナーズ自動車保険プランの一例|あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

「レクサスオーナーズ自動車保険プラン」は、下記補償(特約)をパッケージがおすすめとして紹介されています。詳細はレクサスの店舗にて担当者様にご確認ください。
※2018年1月現在の内容です。

レクサス車に関する補償プログラム

  • 【レクサス車提供特約】事故によりお車に大きな損害が発生した場合、同一のレクサス車をご提供いたします。
  • 【代替時登録諸費用特約】事故により、同一のレクサス車に代替された場合にかかる費用を補償いたします。
  • 【盗難時鍵交換費用特約】盗難にあわれたレクサス車が発見された場合、鍵の交換費用を補償いたします。
  • 【オプション/盗難時防犯設備費用特約】盗難の再発防止のため、防犯設備設置の費用も補償いたします。
  • 【プレミアムロードサービス費用特約(代車提供型)】事故や故障等によりレッカー牽(けん)引・搬送された場合等に必要となった費用等を補償いたします。
  • 【ラージクラス代車提供特約・新車提供時代車延長特約】事故時にはラージクラスのレンタカーをご提供いたします。新車提供時代車延長特約で提供期間も最長90日まで延長いたします。

レクサスオーナーに関する補償プログラム

  • 【傷害一時金高額特約】自動車事故によるおケガでの差額ベッド代等にも備えられるように補償いたします。
  • 【ウェルキャブ車提供特約】万一の場合には、ウェルキャブ車(福祉車両)をご提供いたします。
  • 【オプション/車載携行品特約】ドライブ先でのお持ち物の損害も補償いたします。
  • 【オプション/リーガルプロテクト特約】自動車事故以外の日常生活での法的トラブルにも対応いたします。

基本補償プログラム

  • 相手の方への賠償責任に対する補償】
    対人賠償責任保険
    対人臨時費用特約
    対歩行者等傷害特約
    対物賠償責任保険
    対物超過修理費用特約
    不正アクセス・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約
  • 【レクサスオーナーご自身やご家族のおケガに対する補償】
    人身傷害保険(自動車事故特約セット)
    人身傷害サポート費用特約
    人身傷害自立支援費用特約
    交通事故特約
    犯罪被害事故特約
  • 【ご契約のお車に対する補償】
    車両保険
    全損時諸費用特約
  • 【その他の補償】
    弁護士費用等特約
    車両保険無過失事故特約
    他車運転特約

 

「レクサスオーナーズ自動車保険」のプラン見積書&実際の保険料/価格について

管理人が実際に契約した「レクサスオーナーズ自動車保険」の見積書/プランと、実際の保険料/価格をご紹介しておきます。また、同時に「東京海上日動の自動車保険」でも見積書を作成してもらっているので、併せてご提示しておきます。「レクサスオーナーズ自動車保険」契約時の参考にどうぞ。

「レクサスオーナーズ自動車保険」のプラン見積書&実際の保険料/価格について

今回管理人が契約した「レクサスオーナーズ自動車保険」の見積書です。ポイントとしては、最終的に免責金額を【5万-10万】に設定したのと、思い切ってレンタカー特約(代車提供)は除けたのが大きいです。逆に弁護士特約と、無保険車との事故に備えての特約は追加しました。

この辺りはそれぞれ色々な考え方があるとは思いますので、よーく担当の方と相談して決めてくださいね。もちろん、お金に余裕があるなら【代車提供(J5)】にすれば、かなり良い代車が使えるはず。その分保険料も上がりますけどね。

ちなみに、以前ランエボの時から契約していた「東京海上日動の自動車保険」でのプランだとこんな感じ。

 

 

「東京海上日動の自動車保険」のプラン見積書&実際の保険料/価格について

こちらはレンタカー費用が入っての価格です。それでも若干「レクサスオーナーズ自動車保険」よりは安いですね。かなり悩みましたが、担当者さんとのお付き合いもあるし、「ヘルプネットボタン」での事故時の対応が簡便である点を考慮して、今回は「レクサスオーナーズ自動車保険」にて契約しました。

最近は事故の際に揉めることも稀にあるようです。【弁護士特約】は絶対に入れておきましょう。また、各保険会社によって取り扱いがあるかどうか異なるようですが、【無保険車との事故】に備えての特約があれば、金額的に許容範囲内なら入っておくほうが安心かと思います。

そして少しでもお得に自動車保険を契約するなら、免責金額はよく検討しましょう。この辺り自分は専門家ではないので詳しい説明は割愛しますが、以下のサイトの内容などは非常に分かりやすいかと思います。結局数万円の事故で保険使っちゃうと保険料もグンとアップしちゃいします。一般的に数十万円レベルの事故などで保険を使うことがほとんどですし、高級なレクサス車なら猶更。そうなると、免責5万円は個人的には気にならないレベルです。それなら毎年数万円浮く方がお得かもしれませんしね。

 

もっと自動車保険を安くするには?→一括見積もりが一番簡単!

いくら免責金額の設定などで自動車保険を安くしたとしても、それでもやっぱり「レクサスオーナーズ自動車保険」は一般的な自動車保険に比べるとやや割高です。

今回はやや割高なのは承知の上で「レクサスオーナーズ自動車保険」を契約しましたが、もしも少しでもお得に、保険料を安く抑えたいなら、絶対に「自動車保険の一括見積もり」は試してみるべきです。

もちろん、ある程度最低限自分に必要な保険内容を認識しておく必要はありますが、実際の「レクサスオーナーズ自動車保険」の見積もりと照らし合わせながら検討してみると、いかにお得かが分かりやすいのではないでしょうか。

中でもおすすめなのが、ネット上から簡単に行える自動車保険の一括見積もり。これなら簡単に安い自動車保険を探すことが出来ます。特にネット保険だと特典として大きな割引があることも多いです。そりゃ代理店を通さないので、人件費が浮く分安くなって当然ですよね。

事故の際に不安になる方もいるかもしれませんが、今まで何度か事故をした際、流れとしては「保険会社に事故報告→その後指示に従って送付された資料を送る→問題なければそのまま保険金が入って終了」と、実際に契約した際のお店が関わることはあまりありませんでした。せいぜい担当の方から「事故は大丈夫でしたか?」という連絡が入った程度なので、ネットでの契約でも問題ない気はします。

とりあえず、まずは「自動車保険の一括見積もり」である程度の価格を把握しておき、その後「レクサスオーナーズ自動車保険」の見積もりを取ってもらいましょう。後は価格差と保険の充実度を照らし合わせ、ご自身の環境にあったものを選ぶと良いかと思います。何かあった時の安心感は勿論「レクサスオーナーズ自動車保険」が一番ですが、そもそも事故を起こさなければ使うこともないものです。それなら少しでも保険で節約して、その分ドライブや旅行にお金をまわす方が人生は充実するかもしれません。

気になる方はぜひ一度見積もりをとってみてくださいね。

一括見積もりはこちらをクリック↓

コメントをどうぞ