肺がん

肺がん日記

肺がん闘病日記:1年間の経過観察。白い影がやや大きくなり手術を決意。手術日について会社の社長と揉める。

前回のがんセンター受診後、3ヵ月、6ヵ月、1年というスパンで経過観察を行いました。 結果、最初の受診時は「40-50%の確率で肺がんの可能性あり」という医師の診断でしたが、1年後のCT撮影では影が小さくなっておらず、むしろ多少大きくなって...
肺がん日記

肺がん闘病日記:四国がんセンターを初受診。「すりガラス状結節」の詳細や今後の治療方針などを聞く。

先日発覚した「肺がんの疑いあり」というCTの検査結果。どうせなら専門の病院で診てもらう方が安心という事で、今回は「四国がんセンター」に紹介状を書いてもらいました。 本日は初めての「四国がんセンター」の受診。以前母の肝癌治療で来たことはあっ...
よっしー日記

肺がん闘病日記:血液検査の結果は?

1週間前に突然医師から宣告された「肺がんの可能性あり」とのCT結果。その際に念のため血液検査を行っており、主要な癌の腫瘍マーカーを調べてもらっていました。 今日はその結果を聞くために受診した次第。1週間前に受診した際には自分が【癌】宣告さ...
よっしー日記

肺がん闘病日記:告知は突然に。

何気ない日常が音を立てて崩れていく。 まさにそんな感じですかね。 という事で、思わぬ形でがん宣告され、現在進行形で肺がん(肺腺癌)と闘っている管理人よっしーの闘病日記です。 現在は両親への報告も終わり、入院して手術待ちの状態。基本的に...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました